ワイキキ・サンセットの売買動向

本日の「ワイキキ・サンセット」の売買動向になります。

売買動向よりStatus 覧のA は現在売り物件、ESまたはENは現在登記手続き中の物件、S はここ6 ヶ月間で売却された物件と売却価格です。一番右の数字は市場公開日数です、A の場合ですと売り出してから何日経っているか、S の場合ですと売却されるまでにかかった日数になります。

 

ご質問等お気軽にお寄せください、ご連絡お待ちしております。

info@hawaiianjoy.com

売り出し物件の紹介ビデオ

<イリカイ #516号室>

ワイキキのアラワイハーバーに建っている“イリカイ”はとても優良なホテルコンドミニアムです。ロビー階にはコンビニ、カフェとコーヒーショップがあり、2つのプールとサンデッキでゆっくりと余暇を過ごせます。各階にはコインランドリーが完備されています。そしてアラモアナショッピングセンターと、アラモアナビーチパークまで歩いていけます。
ワンルーム(約46㎡)$669,000

Ilikai Apt Bldg #516

<トランプタワー・ワイキキ #815>

ワイキキの5つ星ホテル、トランプタワー・ワイキキはお部屋を所有することができるホテルコンドミニアムです。ご滞在中はコンシェルジュ、ルームサービス、ハウスキーピング、バレーパーキングなどのサービスを受けることができ、ご利用になられない期間はホテルとして貸し出が可能です。1階のコンシェルジュでビーチセットを借りて、そのままワイキキビーチまで歩いていけます。 お部屋にはワインクーラー、洗濯機/乾燥機、そして深いお風呂からは素敵なオーシャンとサンセットをご覧いただけます。
1ベッドルーム/2バス(約105㎡)$1,480,000

Trump Tower Waikiki #815

バーチャル 3Dで不動産内見!

バーチャル3D撮影でお部屋の内見を体感できます。

今回撮影しましたお部屋は、ナウルタワー #2804号室、アエオ #3606号室、ロイヤルクヒオ #2907号室と#3706号室と、トランプタワー・ワイキキ #2220号室です。

それぞれの3Dツアーは以下のリンクより内見できます。

ニュースレター 2020.09.01

 8月27日から9月9日までの2週間、コロナ感染者増大にともないロックダウン(完全封鎖)が始まりました。生活に不可欠な職業以外の人達は在宅勤務になり、公立の小中学校は10月4日までオンライン授業となります。この新型コロナは様々な人達に影響を与えていますが、人間の行動変化のお蔭でハワイの海は静かに昔の綺麗さを取り戻しています。ハナウマ湾では今まで湾内で見た事のない中型の魚が見られるようになり、ワイマナロ地区のベローズビーチでは初めて海亀が産卵したとの事です。20~25年後にこのビーチに無事産卵に戻って来る事を願っています。

 毎年夏の終わりに開催されるメイド・イン・ハワイ・フェスティバルは、今年はオンラインのみで開催されました。昨年はハワイの様々なギフトや食べ物を販売する450の出店で6万人を動員したお祭りだっただけに、今年はとても残念でした。私のお友達は毎年日本の着物をほどいて洋服を作って出店していたのですが、今年は出店を見合わせたそうです。でも彼女は来年に向けてまた良い商品を作ると言って楽しみにしています。

 さて不動産のニュースですが、カカアコ地区にマイクロ・ハウジングと呼ばれるノホナ・ハレが完成して入居が始まりました。これは16階建ての所得制限付きの賃貸物件です。広さは285スクエアーフィート(26㎡)です。入居したテナントはとてもハッピーで2人は住めると言っています。またカカアコ地区の2つのコンドミニアム、アアリイとコウラの工事は順調に進められています。最新のプロジェクト、ビクトリア・プレースの販売も565ユニットのうち、69.3%が販売されていて来年工事がスタートする予定です。

READ MORE