ニュースレター 2020.10.01

 10月に入り例年ではお店や家々が様々なデコレーションをしてハロウィンを心待ちにしている時期ですが、今年はスーパー等でも大袋のキャンディーが山積みに置いてありました。ホームセンターでは10月の中旬には既に沢山のクリスマスツリーや飾りが占拠しており、今年のハロウィンはちょっと様子が違いました。息子家族も今年は外を軽く散歩するか、知り合いの家にお菓子をもらいに行く程度で、知らない人からキャンディーを貰うのはやめたそうです。子供にはかわいそうですが、仕方ないですね。毎年テーマを決めてコスチュームを着た可愛らしい子供達や家族が、大きなバッグを持って “Trick or Treat!!” とお菓子を貰いに訪れる姿を今年は見ることができずとても寂しい気分になりました。

 さて、10月15日よりアメリカ本土からの観光客の受け入れが始まり、ワイキキは少し人が増えたように感じます。10月22日よりTier 2と言うコロナ対策の規制がやや緩くなりました。お友達等の食事も5人まで許可されたため、早速お友達家族とお食事に行き楽しい時間を過ごしました。さらに嬉しいニュースとして、ハワイ州は日本の厚生労働省が許可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NTA)を行うことができる21か所の医療機関と契約を締結し、日本人旅行者への事前検査プログラムを11月6日(金)から開始する予定です。これにより日本を出発する72時間以内に契約した指定医療機関で新型コロナウイルス感染症の検査を受け、ハワイ州指定の陰性証明書を提示すればハワイ到着後の14日間自己隔離が免除されます。12月13日に予定されていたホノルルマラソンは、最も安全な決断はマラソン大会を断念することだという意見で一致し、中止が決定されました。フルマラソンの他、10キロメートルとカラカウア・メリーマイルも中止になりますが、代わりに世界中の誰もが自分の家からレースを完走することができるバーチャル・ビーチ・フェストが開催されます。世界中の人が参加出来るイベントになる予定だとしてライブ配信も行います。

READ MORE

ニュースレター 2020.10.01

 8月のニュースレターで沢山の人達がアラモアナ公園で幼生ヒメジ(ハワイ語ではオアマ)という魚を釣っているという話題を取り上げましたが、先日はこの幼生ヒメジを餌にアラモアナ公園の大きな波が寄せてくる突端で体長40センチ程のカマス(英語ではバラクーダ)を釣り上げている光景に出会いました。丁度通りがかった人がその魚を貰う事が出来たようでとても嬉しそうでした。私もいただきたかったのですが、さばく事も出来ないし、、と思いながら散歩を続けました。釣れた瞬間に出会えただけで1日楽しい気分になりました。

 新型コロナ感染者が一時急激に増えて外出禁止でしたが、9月24日から1家族5人までは一緒にレストランに行って良い事になりましたが、まだ友人達と出かけることは難しい為、もうしばらく自粛が続きそうです。散歩、ジョギング、ビーチ、公園は5人まで一緒に行っても良くなったのと、8月8日から閉鎖していたオープンマーケットが再開できる事になりました。地元の農家を助けると同時に外の空気を吸いながら新鮮な野菜や果物を買う事が出来ます。友人がオープンマーケットに行ってお花を買おうと思ったら売り切れでがっかりしていました。このような不景気な時にお花が売れているというお話は心がほっと温かくなります。またハワイ州は連邦からの援助金、$67ミリオンの一部を使用し、レストラン経営者を救済する為に失業者にレストラン券を発行する予定との事です。

 10月15日からハワイへの旅行者は渡航72時間以内に行ったPCR検査陰性証明の提出、到着時の体温に問題がなければ、14日間の自己隔離をしなくても良いとの事です。またコロナ感染者への水際対策として、フィンランド・エアーポートでは4匹の犬がコロナに感染しているかどうかを見分ける仕事をしているそうです。肌を拭いた布の匂いを嗅いで10秒で感染の判別出来るそうです。犬が人間の役に立ちありがたいですが、早くコロナ感染が終息して欲しいです。

READ MORE

ニュースレター 2020.09.01

 8月27日から9月9日までの2週間、コロナ感染者増大にともないロックダウン(完全封鎖)が始まりました。生活に不可欠な職業以外の人達は在宅勤務になり、公立の小中学校は10月4日までオンライン授業となります。この新型コロナは様々な人達に影響を与えていますが、人間の行動変化のお蔭でハワイの海は静かに昔の綺麗さを取り戻しています。ハナウマ湾では今まで湾内で見た事のない中型の魚が見られるようになり、ワイマナロ地区のベローズビーチでは初めて海亀が産卵したとの事です。20~25年後にこのビーチに無事産卵に戻って来る事を願っています。

 毎年夏の終わりに開催されるメイド・イン・ハワイ・フェスティバルは、今年はオンラインのみで開催されました。昨年はハワイの様々なギフトや食べ物を販売する450の出店で6万人を動員したお祭りだっただけに、今年はとても残念でした。私のお友達は毎年日本の着物をほどいて洋服を作って出店していたのですが、今年は出店を見合わせたそうです。でも彼女は来年に向けてまた良い商品を作ると言って楽しみにしています。

 さて不動産のニュースですが、カカアコ地区にマイクロ・ハウジングと呼ばれるノホナ・ハレが完成して入居が始まりました。これは16階建ての所得制限付きの賃貸物件です。広さは285スクエアーフィート(26㎡)です。入居したテナントはとてもハッピーで2人は住めると言っています。またカカアコ地区の2つのコンドミニアム、アアリイとコウラの工事は順調に進められています。最新のプロジェクト、ビクトリア・プレースの販売も565ユニットのうち、69.3%が販売されていて来年工事がスタートする予定です。

READ MORE

ニュースレター 2020.08.01

  ハリケーンシーズン到来で7月末にはハリケーン「ダグラス」がハワイ諸島に直撃すると予想されましたが、幸い進路がそれて一段落しました。ハワイでは11月末までがハリケーンシーズンです。ハリケーンが過ぎた翌朝のアラモアナ公園は、人影がまばらで穏やかな朝でした。ここ数週間釣りをする人でとても賑やかです。砂浜から数メートル先の海の中まで体半分入って、釣りをする人の列が続いています。釣れているのは10センチ程の小さな幼生ヒメジ(ハワイ語でオアマ)です。バケツの中で勢い良く飛び出しそうに暴れている幼生ヒメジを見ながら、フライにすると美味しいとか、少し干してから食べた方が美味しいとか、別の人はこれを餌にして沖でもっと大きい魚を釣ると話していました。そのような会話を聞いたらコロナ感染の事など忘れてしまいそうでした。

 公立学校は8月4日から新学期が始まる予定でしたが、コロナ感染対策の為に2週間延期されて開校する事になりました。小、中、高校により大まかな規定はあるようですが、授業はクラス全員が出席、生徒の半分ずつが交代で出席、または完全にオンラインかを先生と生徒の希望を取り入れた上、各校長が判断するようです。

 全米で感染者が増える中、ハワイも急激に増えています。8月1日からPCR検査で陰性の観光客は14日間の自己隔離をしなくても良いとの事で、ホテル関係者も喜んだのも束の間、結局9月1日まで延期されてしまいました。まだ日本からの観光客をいつどのように受け入れるかは検討中との事です。各ホテルはハワイ州の判断を待って、いつでも観光客を迎えられる準備をしているようですが、ハレクラニホテルは来年7月まではクローズし、この期間にホテルの改修工事をする予定だそうです。

READ MORE