ニュースレター 2020.09.01

 8月27日から9月9日までの2週間、コロナ感染者増大にともないロックダウン(完全封鎖)が始まりました。生活に不可欠な職業以外の人達は在宅勤務になり、公立の小中学校は10月4日までオンライン授業となります。この新型コロナは様々な人達に影響を与えていますが、人間の行動変化のお蔭でハワイの海は静かに昔の綺麗さを取り戻しています。ハナウマ湾では今まで湾内で見た事のない中型の魚が見られるようになり、ワイマナロ地区のベローズビーチでは初めて海亀が産卵したとの事です。20~25年後にこのビーチに無事産卵に戻って来る事を願っています。

 毎年夏の終わりに開催されるメイド・イン・ハワイ・フェスティバルは、今年はオンラインのみで開催されました。昨年はハワイの様々なギフトや食べ物を販売する450の出店で6万人を動員したお祭りだっただけに、今年はとても残念でした。私のお友達は毎年日本の着物をほどいて洋服を作って出店していたのですが、今年は出店を見合わせたそうです。でも彼女は来年に向けてまた良い商品を作ると言って楽しみにしています。

 さて不動産のニュースですが、カカアコ地区にマイクロ・ハウジングと呼ばれるノホナ・ハレが完成して入居が始まりました。これは16階建ての所得制限付きの賃貸物件です。広さは285スクエアーフィート(26㎡)です。入居したテナントはとてもハッピーで2人は住めると言っています。またカカアコ地区の2つのコンドミニアム、アアリイとコウラの工事は順調に進められています。最新のプロジェクト、ビクトリア・プレースの販売も565ユニットのうち、69.3%が販売されていて来年工事がスタートする予定です。

READ MORE

ニュースレター 2020.08.01

  ハリケーンシーズン到来で7月末にはハリケーン「ダグラス」がハワイ諸島に直撃すると予想されましたが、幸い進路がそれて一段落しました。ハワイでは11月末までがハリケーンシーズンです。ハリケーンが過ぎた翌朝のアラモアナ公園は、人影がまばらで穏やかな朝でした。ここ数週間釣りをする人でとても賑やかです。砂浜から数メートル先の海の中まで体半分入って、釣りをする人の列が続いています。釣れているのは10センチ程の小さな幼生ヒメジ(ハワイ語でオアマ)です。バケツの中で勢い良く飛び出しそうに暴れている幼生ヒメジを見ながら、フライにすると美味しいとか、少し干してから食べた方が美味しいとか、別の人はこれを餌にして沖でもっと大きい魚を釣ると話していました。そのような会話を聞いたらコロナ感染の事など忘れてしまいそうでした。

 公立学校は8月4日から新学期が始まる予定でしたが、コロナ感染対策の為に2週間延期されて開校する事になりました。小、中、高校により大まかな規定はあるようですが、授業はクラス全員が出席、生徒の半分ずつが交代で出席、または完全にオンラインかを先生と生徒の希望を取り入れた上、各校長が判断するようです。

 全米で感染者が増える中、ハワイも急激に増えています。8月1日からPCR検査で陰性の観光客は14日間の自己隔離をしなくても良いとの事で、ホテル関係者も喜んだのも束の間、結局9月1日まで延期されてしまいました。まだ日本からの観光客をいつどのように受け入れるかは検討中との事です。各ホテルはハワイ州の判断を待って、いつでも観光客を迎えられる準備をしているようですが、ハレクラニホテルは来年7月まではクローズし、この期間にホテルの改修工事をする予定だそうです。

READ MORE

ニュースレター 2020.07.01

 夏休みの真っただ中、コロナの影響でアメリカ本土や海外に旅行に行けない子供達はどの子を見ても日に焼けて真っ黒です。太平洋の真ん中のハワイ、綺麗なビーチの穏やかな波の中でのスイミングは子供達の唯一の楽しみです。また、この機会に釣りを始めた人も多いと聞いています。6月16日からハワイ島間の14日間の自己隔離義務が解除され、少しずつローカルが島間の旅行に行くようになりました。

 レストランがオープンしたので、久しぶりにランチにマノア谷にあるワイオリ・キッチン & ベイクショップへ行って来ました。そよ風に吹かれながら緑に染まる事が出来て、久しぶりに素敵な経験をしました。赤いヘリコニアが満開に咲き、道中にはこの季節にしか見れない紫のジャカランダが綺麗に咲いていて心が和みました。

 コロナの影響で住宅ローンの利子がここ近年では最低のレートです。30年ローンの利子は約3.15%です。そのお陰でローンの申込数も増えているようです。ただし、失業率が多い為にローンを得る条件は厳しくなっているそうです。1980年初め頃、年利13%のローンを支払っていた経験がある私は羨ましいくらいです。利子が安くて不動産購入にはとても良いチャンスです。その為にローカルの手頃の物件は売買が行われています。ブーメラン現象と言う成人した子供達が親元に引っ越して生活するケースが多くなってきているようです。

READ MORE

ニュースレター 2020.06.01

 コロナ感染者は一桁台を維持しています。ステイ・アット・ホームからアクト・ウィズ・ケアーに変わり、少しずつお店や美容院が開き、レストランにも6月5日から行けるようになります。5月末ハワイの学校の卒業式があちらこちらで行われましたが、今年はバーチャルの卒業式や車でのドライブスルー形式が多かったです。卒業式が行われた週末はアラモアナ公園に沿った道路は沢山の車が列を作ってサイレンを鳴らし、奇声をあげて徐行していました。生徒たちの嬉しさが街中に溢れ、コロナで家籠りをしている人達に明るい希望を与えているようでした。ハワイのセントルイス高校を卒業後、アメリカのプロフットボール選手になったツア・タゴバイロアさんが今ハワイで注目を浴びています。マイアミ・ドルフィンの選手になり4年間$30.2ミリオンで契約して、母の日にはお母さんに約$75,000の車、キャデラックをプレゼントしたそうです。今年卒業した若い人達の希望を背負ってこれからも頑張っていって欲しいです。

 さて、コロナの影響でこれから不動産市場はどのように変わって行くのでしょうか。アメリカの銀行関係者のお話ですが、①郊外に住みたい人が増える。②少しの間は賃貸する人も増える。③広い住処を求める。④別荘のようなセカンドホームを求める。⑤不動産購入時はバーチャルで物件を見て決める人の割合が多くなる。都市型から郊外に目を向けるようになり、今までの価値観が変化する世の中になるようです。

 コロナ関係のニュースが新聞紙面を占める中、二つの不動産関係のニュースが発表されました。一つはオアフ島の北にある築45年のタートルベイ・リゾートの改修工事の許可が下りた事です。もう一つはオアフ島の西のエバ・ビレッジにハセコーが15エーカーの土地に142の複合住宅を建設するプランです。価格帯は$40万から$70万で、2021年から販売を開始する予定です。

READ MORE