ニュースレター 2020.07.01

 夏休みの真っただ中、コロナの影響でアメリカ本土や海外に旅行に行けない子供達はどの子を見ても日に焼けて真っ黒です。太平洋の真ん中のハワイ、綺麗なビーチの穏やかな波の中でのスイミングは子供達の唯一の楽しみです。また、この機会に釣りを始めた人も多いと聞いています。6月16日からハワイ島間の14日間の自己隔離義務が解除され、少しずつローカルが島間の旅行に行くようになりました。

 レストランがオープンしたので、久しぶりにランチにマノア谷にあるワイオリ・キッチン & ベイクショップへ行って来ました。そよ風に吹かれながら緑に染まる事が出来て、久しぶりに素敵な経験をしました。赤いヘリコニアが満開に咲き、道中にはこの季節にしか見れない紫のジャカランダが綺麗に咲いていて心が和みました。

 コロナの影響で住宅ローンの利子がここ近年では最低のレートです。30年ローンの利子は約3.15%です。そのお陰でローンの申込数も増えているようです。ただし、失業率が多い為にローンを得る条件は厳しくなっているそうです。1980年初め頃、年利13%のローンを支払っていた経験がある私は羨ましいくらいです。利子が安くて不動産購入にはとても良いチャンスです。その為にローカルの手頃の物件は売買が行われています。ブーメラン現象と言う成人した子供達が親元に引っ越して生活するケースが多くなってきているようです。

READ MORE

ニュースレター 2020.06.01

 コロナ感染者は一桁台を維持しています。ステイ・アット・ホームからアクト・ウィズ・ケアーに変わり、少しずつお店や美容院が開き、レストランにも6月5日から行けるようになります。5月末ハワイの学校の卒業式があちらこちらで行われましたが、今年はバーチャルの卒業式や車でのドライブスルー形式が多かったです。卒業式が行われた週末はアラモアナ公園に沿った道路は沢山の車が列を作ってサイレンを鳴らし、奇声をあげて徐行していました。生徒たちの嬉しさが街中に溢れ、コロナで家籠りをしている人達に明るい希望を与えているようでした。ハワイのセントルイス高校を卒業後、アメリカのプロフットボール選手になったツア・タゴバイロアさんが今ハワイで注目を浴びています。マイアミ・ドルフィンの選手になり4年間$30.2ミリオンで契約して、母の日にはお母さんに約$75,000の車、キャデラックをプレゼントしたそうです。今年卒業した若い人達の希望を背負ってこれからも頑張っていって欲しいです。

 さて、コロナの影響でこれから不動産市場はどのように変わって行くのでしょうか。アメリカの銀行関係者のお話ですが、①郊外に住みたい人が増える。②少しの間は賃貸する人も増える。③広い住処を求める。④別荘のようなセカンドホームを求める。⑤不動産購入時はバーチャルで物件を見て決める人の割合が多くなる。都市型から郊外に目を向けるようになり、今までの価値観が変化する世の中になるようです。

 コロナ関係のニュースが新聞紙面を占める中、二つの不動産関係のニュースが発表されました。一つはオアフ島の北にある築45年のタートルベイ・リゾートの改修工事の許可が下りた事です。もう一つはオアフ島の西のエバ・ビレッジにハセコーが15エーカーの土地に142の複合住宅を建設するプランです。価格帯は$40万から$70万で、2021年から販売を開始する予定です。

READ MORE

ニュースレター 2020.05.01

 約1ヶ月続いた外出禁止令は5月31日まで延期されましたが、規制が少しだけ緩和され4月25日から公園が解放されました。と言っても、あくまでも市民が運動をする為で、ピクニックや日光浴などは禁止されています。開放日の早朝は一定の距離を空けながら、散歩やジョギングをしている人達で賑やかでした。マウイ島付近には毎年11月から5月までの間、アラスカからクジラが子育てにやって来ます。この期間約20~25万人がクジラウォッチングに訪れ、常に30~40隻のボートが出ていますが、今年は人間の見物から解放されて、クジラが浅瀬に来てのんびり子育てをしているのが目撃されています。また先日アメリカ・ラング(肺)協会から発表された空気が綺麗なランキングでは全米でホノルルが1位、マウイ島のワイルク、ラハイナ地区が2位でした。新型コロナの感染が心配される中、ハワイでは外出時のマスクが義務付けられていますが、この綺麗な空気は健康維持に一役買っているようで、最近はコロナ感染者数は1日1桁で抑えられています。

READ MORE

ニュースレター 2020.04.01

 「Stay at home and work from home」と言う言葉が毎日あちらこちらから聞こえます。生活をする上で必要不可欠な事以外には外出をしないようにと呼び掛けています。又、州知事が30日間ハワイには来ないようにと発表した事により、ほとんどのホテルや商店は閉鎖され、ワイキキやアラモアナショッピングセンターには人がいない状態です。アラモアナ公園などの市立公園は全て閉鎖されています。緑の木々と白い砂浜
そして青い海だけが、飛びきり明るい太陽の下でサンサンと輝いています。ハワイ大学をはじめ、小学校から高校全ての学校はオンライン授業に切り替えていて、今学期はこのまま通学しないうちに夏休みが始まる予定です。毎年サマーファン、夏休みのプログラムが発表されて学生はどんな夏を過ごすか楽しみにしている時期ですが、今年はどのようになるかわからないまま夏休みになりそうです。

 コロナウィルスに立ち向かう為に地元の人々は様々な方法で協力しあっています。自宅待機の時間を使ってマスクを作ったり、歯医者さんや学校にある3Dプリンターで帽子に取り付けるプラスチックの透明なフェイスカバーを作ったりして病院等に寄付をしています。またウイスキーなどのお酒を作る醸造所がアルコールを使った手の消毒液を作ったりして社会貢献をしています。

 スーパーマーケットは沢山の人込みで入店するにも長時間並ばないといけない状態が続いています。それぞれの店舗ではシニアの為に曜日と時間を決めて買い物の便宜を図っています。又、人込みを避けたい人の為にはスーパーの宅配があり利用する人が多くなっています。例えばフードランドは$30以上買う場合はテイクアウト代金が$4.95、もし自宅までの配達を希望し$50以上のお買い物をした場合は$12.99です。お年寄りで車を運転しない人にとっては助かるサービスです。その他、地元の野菜生産者はドライブスルーで購入できるようにして野菜を販売しています。

 ウィルスの感染を防ぐ為に不動産協会は毎週日曜日に行われるオープンハウスを4月末まではしない事にしました。まずは、それぞれが身の安全を確保する事が大事です。そのような状況下でアラモアナショッピングセンターとウォルマート近くに新しくツインタワーのコンドミニアムを建設する許可が下りました。市場価格の物件が836ユニット、そして居住者向け所得制限付きの特別枠物件が128ユニットです。12階建ての駐車場と8,000㎡の商業店舗のスペースを備えたプロジェクトです。

READ MORE