2021年第1四半期 ワイキキ地区マーケットレポート

2021年第1四半期のハワイへのコロナの影響、ワイキキ地区のコンドミニアム売買動向、平均売却価格、売却物件数、㎡単価、平均市場公開日数、賃貸市場の動向、平均賃貸契約額、賃貸契約数を纏めたマーケットレポートになります。

地域のマーケットレポートをご希望の場合は、(808)923-1888 までお電話を、又は info@hawaiianjoy.com まで日本語でお気軽にお問い合わせください。

ご質問等お気軽にお寄せください、ご連絡お待ちしております。

アイランド・コロニーの売買動向

本日の「アイランド・コロニー」の売買動向になります。

売買動向よりStatus 覧のA は現在売り物件、ESまたはENは現在登記手続き中の物件、S はここ6 ヶ月間で売却された物件と売却価格です。一番右の数字は市場公開日数です、A の場合ですと売り出してから何日経っているか、S の場合ですと売却されるまでにかかった日数になります。

 

ご質問等お気軽にお寄せください、ご連絡お待ちしております。

info@hawaiianjoy.com

ニュースレター 2021.04.01

 ハワイはイースターカラーのピンクやブルーに彩られた花や卵の飾りで、明るい春の雰囲気に満ちてます。ワイキキのホテルの夜景もコロナ前と同じ位に明るくなり、ワイキキビーチは沢山の人で賑わっています。新聞の見出しにも「ハワイへの観光客数がジャンプ」と書かれていました。イースターの休日を利用してアメリカ本土から沢山の観光客がハワイに訪れました。環太平洋からの観光客は3月末で1日平均16,355人で(このデータにはカウアイ島は含まれてない)、昨年3月の平均24,445人に近づいてきました。又、アメリカ全体では3月11日にエアポートの交通安全管理システムを通過した人数は157万人で、これは昨年3月12日の174万人に届く勢いです。3月11日以降平均100万人の人達が交通安全管理システムを通過しています。ハワイ観光局の発表によると、コロナ前2019年にハワイを訪れた観光客は1,040万人でしたが、今年ハワイを訪れる観光客は昨年よりも270万人多く、約500万人になるとの事です。更に2022年には800万人、2023年には890万人になると予想しています。

 先月のホノルルの一戸建ての中間価格が最高の伸び率で$883,000になったという事をお知らせしたばかりですが、1か月で記録を更新して、2月の中間価格は$917,500でした。昨年同時期と比べると19.9%も上昇していました。ちなみに20年前、2001年の中間価格は$250,000でした。市場に売りに出て平均9日で売却され、競争が激しく49%の売主が言い値よりも高い価格で売却しました。コンドミニアムの中間価格は$457,500で昨年同時期よりも6.4%の上昇率でした。

READ MORE

ニュースレター 2021.03.01

 ハワイは過去7日間のコロナ感染者の平均が50人を下回ったので規制緩和が行われました。2月25日から4月10日まではTIER3(レベル3)になり、10人まで集まる事が許可されました。また、レストランは6フィート離れていれば定員を入れる事ができ、室内のフィットネスクラスは10人まで、ジムは50%まで収容可となりました。現在ハワイでは州の13.6%の人、また75才以上の59%の人がファイザーワクチンの1度目の接種を受けました。

 全米で最も人気のあるアメリカンフットボールの試合、スーパーボールが2月に行われました。テレビ中継は全米プログラムのトップ10に入り、開催地は$300ミリオンから$500ミリオンの経済効果があるとの事です。沢山の人がレストランやバーに集まるので、感染者が増えると心配されていましたが、今年は各家庭で観戦した人が多かったとの事でした。私もスナックやドリンクを用意してテレビ観戦で年の始まりの行事を楽しみました。

READ MORE