ニュースレター 2021.12.01

 ハワイはいつものように太陽がキラキラ輝き、青い空に緑のヤシの木々がそよぐ穏やかな日々が続いています。感謝祭の朝の英字新聞、スター・アドバタイザーには翌日のブラック・フライデーの宣伝が沢山掲載されていました。例年よりは少なめですが、それでも手に取った時の厚さが充分にあり、コロナの影響を受けながらも経済活動が回復してゆく萌が見えました。新聞の厚さが幸せの象徴のようにも感じられた朝でした。アラモアナ・ショッピング・センターに15メートルもある大きなサンタクロースが今年もマスクをして飾られ、ホリデーシーズンが始まりました。

 まだ日本からの観光客は殆どいない状態ですが、アメリカ本土からの観光客でワイキキは賑やかです。今月から$377ミリオンをかけたダニエル・K・イノウエ国際空港のレンタカー会社用の新施設がオープンしました。5階建てで、広さは約35,000㎡で4,500台の車を収納できます。既存の駐車場に隣接しエアポートのロビーから直接アクセスできるので、レンタカー会社のシャトルバスに乗る必要が無くなり大変便利になりました。

 また、ワイキキのヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ホテルの敷地内に新しいホテル、仮名称「AMBタワー」が建設されるプランが発表されました。36階建て515室でアラモアナ・ブルバードに面し、既存のグランド・ワイキキアンとカリア・タワーに隣接します。このプロジェクトが完成すると、このホテルは約90,000㎡の敷地に8棟、3,948室のホテルとタイムシェアからなる巨大なリゾート施設になります。

 不動産の話題としては、アラモアナとカカアコ地区の新築コンドミニアム、アズール・アラモアナ、ザ・セントラル・アラモアナ、アアリイなどが次々と完成し登記が完了しています。また、スカイ・アラモアナは完売されました。ワードビレッジの開発業者、ハワードヒューズ社はカカアコ地区に10番目となるカラエ・ワード・ビレッジ、330室のレジデンスタワーの建築計画を発表しました。場所は旧ワード・ウェアハウス・ショッピング施設があった西端のアラモアナ・ブルバードとワード・アベニューの角です。

 アメリカ本土からの観光客数はコロナ前の状態に戻っています。その影響で特にマウイ島、カウアイ島、ハワイ島のラグジュアリー物件($3ミリオン以上)の販売が顕著です。2021年9月までのデータではラグジュアリー物件販売数は前の年の同じ時期と比べ195%も上昇しています。更に$10ミリオン以上のウルトラ・ラグジュアリー物件の2020年の販売数は10件でしたが、2021年同時期には64件も販売されています。今後もリモートワークが進められる中、日本からの観光客が増えるに従いこのラグジュアリー物件の販売はさらに増加すると予想されています。

 さて、23年間も続けて開催されてきたソニーオープンですが、今後4年間も引き続き開催される事が決まったとの事です。来年の開催期間は2022年1月10日から16日までです。見学にはワクチンパスポートが必要でマスク着用をお願いしますとの事です。

 コロナ禍、感謝祭のパーティに参加するか迷ったのですが結局参加しました。私はいつも煮しめ担当です。ローカルの人達は昆布やゴボウそして大根が沢山入っているのが好きです。本当は大根は入れないと思うのですが、地元流で沢山大根を入れて作りました。例年より少なめの人数でしたが、それでも20人程集まりました。2年ぶりに会う知人もいて皆元気そうで一安心しました。また、アメリカの失業保険の申請者数が1969年以来52年ぶりに最低と発表されたので、明るい気持ちで新しい年を迎える事ができると期待しています。皆様くれぐれも健康に留意して楽しいホリデーシーズンをお過ごしください。 


                                                                              深山ツヤ子