ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2017年12月

お客様各位

 毎年11月の後半には、その年のクリスマスツリーの入荷のニュースが新聞に掲載されます。ここ数年はクリスマスツリーの不作が続き供給が少なかったのですが、今年は更に夏の日照りが続いた為に少ないとの事です。ハワイには約170のコンテナに入ったツリーが約8万5千本届きます。ツリーは感謝祭の頃から販売が始まります。スーパーやショッピングセンターの駐車場、道路わきの空き地でも販売されます。我が家でも毎年新鮮なツリーを飾る習慣がありました。息子が家庭を持ち、その伝統を引きついでくれています。トラックの荷台に大きなツリーを乗せて運び、家に入れた途端にモミの香が家中に広がります。私が新婚の頃初めて買ったツリーは$2の一番安いツリーでした。枝が少なく日が経つにつれて枝よりも空間が広がるようなツリーでしたが、それでも幸せでした。ツリーにも色々な種類があり金額が張るほど枝がたわわで形の良いツリーがある事がその後に分かりました。今年は一番安い種類のダグラスファーが$46.98からでノーブルファーが$95.98からだそうです。植樹、伐採されて我が家に来たツリーに「貴方は何処から来たの?ハワイの我が家に来ることが決まっていたかしら?」などと言いながらツリーに飾り付けをしていました。

 ツリーの販売と同じ時期に一斉に始まるブラックフライデーセール。感謝祭の翌日に始まるセールは今では前倒しで月間を通してセールを開始しているお店もあり、年々ブラックフライデーで無くて感謝祭前の一大セールイベントになっています。相変わらず寝袋や椅子を持ち出してお店の開店を5~6時間も待って並ぶ人も沢山います。一番の目玉商品は$179の大型テレビだったとの事です。他の島から泊りがけでお買い物に来る人もいますし、一年分のお小遣いをこの時期に使うという人も沢山います。お店で両手に抱えきれないほどお買い物をしている人たちを見ると、皆お金持ちだな、、と関心するくらいです。

 さて新聞の一面に大きな家の写真とともにMonster Madnessという見出しで4ページに掲載されていた記事がありました。最近ハワイにはAirbnbの賃貸の為と思われるような大きな家が建築されて、近所の迷惑になっているという事です。法律では一戸建ての家には1家族と家族以外3人までが住めますが、寝室29、バスルームが18もある家や、寝室が10以上もある家があちらこちらで建てられていますので、今後の対応をどうするかが検討され始めています。そのようなエコノミーの宿泊を求めている人達とそれを賃貸する人達の話題をよそに、マウイ島のワイレア地区では豪華な生活を求める人達の為の新しい試みが始まりました。フェアモント・ケア・ラニ・ホテルのラグジュアリーな施設を自由に使える会員制プログラムです。3ヶ月会員は入会費が$500で月会費が$565、6ヶ月会員は入会費が$900で月会費が$525、又は1年会員は入会費が$1500で月会費が$495だそうです。ホテルに宿泊しなくても、自由にアメニティーを使い、ホテルステイの良さを味わうことが出来ます。来年1月からスタートだそうですが、さてどのくらいの会員が集まるのでしょうか。

 不動産のニュースとしてはアラモアナセンターの山側のカピオラニ・ブルバードの新築プロジェクトが現在9つある事、そしてカカアコ地区のアアリイという新築物件に人気が集中しており、そのプロジェクトの詳細発表を心待ちにしている人が大勢いる事です。アアリイの情報が一般に出て、販売が開始されるのは来年1月になるようです。もし御興味がありましたら、ぜひ事前にお問い合わせください。

 今年は皆様のお陰で、個人として節目の年で、全米不動産協会とホノルル不動産協会から名誉会員の資格を頂きました。来年は弊社創立40周年を迎えます。机1つ、電話1台、そしてIBMのセレクトリックのタイプライラー1台で会社をし始めた時から、同じ住所と同じ電話番号で仕事を続けてこれた事に心から感謝をしています。一人一人のお客様のお陰でここまで続けてこれました。これからも社員一同頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。

深山 ツヤ子