ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2016年12月

お客様各位

 今年も45年間続いている家族恒例の感謝祭のディナーパーティーに招かれました。今まで煮しめや散らし寿司などを作って持って行きましたが今年はチャップチェに挑戦してみました。小さかった子供達が大きく成長して、家族を作り可愛いベビーを連れて来て、大人達はだんだん歳を取ってゆき、年の流れを感じます。さて感謝祭翌日のブラックフライデーの話題は尽きません。何処のお店も競って1時間でも早く開店してお客様を呼び込もうと、ネットショッピングの宣伝もあり、何処で何を買うか迷いそうでした。他島から飛行機に乗って、アラモアナホテルに宿泊してショッピングに来た人もいたようでした。飛行機代とホテル代を使ってもブラックフライデーの価格は魅力的なのかなと思いました。私は今年初めてネットショッピングをしました。ところがメイシーズのサイトが一時ダウンして動かなかったのです。何度かトライして無事オーダーできました。翌日の新聞には大手ストアのサイトが一時ダウンしていたという記事が掲載されていました。ブラックフライデーは1ビリオンドルの売り上げがある市場なので、お客様獲得に必死です。オンラインショッピングする人は年々気短になっており、昨年は2.4秒で画面が変わらないと別のサイトに行ってしまったのが、今年は2秒しか待たなかったそうです。

 話題を集めているカカアコ地区の新築物件のうち2棟のコンドミニアム、コレクションとワイエアの入居が開始したというニュースの中、今度はアラモアナセンターの山側の開発プランが続々発表されました。アラモアナセンターがモノレールの駅になる予定なので、この付近のコンドミニアムは開発規制が緩やかになり、高層建築も可能です。主な開発プランはウォルマートの道路を挟んだ東側、ケアモクストリートとマカロアストリートの角の400ユニットのコンドミニアムと、ウォルマートの道路を挟んだ南側のマカロアストリートのハワイオーシャンプラザというコンドミニアムです。こちらは200ユニットのホテルと207ユニットのコンドミニアムになる予定です。この2つのプランを入れると現在アラモアナ地区には8つのコンドミニアムのプランがあります。

 このアラモアナ地区のウォルマートの西側にEB-5(アメリカ永住権取得プログラム)の希望者を対象にしたコンドミニアムが開発されます。住所は710シェリダン・ストリート、520ユニットの26階建てで1/3は中間所得者用のユニット、1/3は市場価格のユニットです。EB-5のユニットは60~80のユニットで13階から26階までです。1ベッドルームは$490,000台から、2ベッドルームは$700,000台からです。

 12月7日は真珠湾攻撃の記念日です。今年は75周年にあたる為に盛大な催しがプランされていて、当日7日の早朝から大々的な交通規制が始まります。記念日を一週間前に控える日、ハワイの英字新聞は特集ページを掲載しました。新聞を手に取った時に普通の日と違ってかなり分厚くて重たかったので、何かと思いページをめくってみたら、なんと88ページにも及ぶ記念日の特集記事でした。写真や日本軍の攻撃のルートも含めて、これ以上の資料は集められないのでは無いかと思う位に詳細に掲載されていました。毎年この時期になると日本人の私は心が痛みます。

 さて、ブラックフライデーで沢山お買い物をしたお祭りの後、アメリカはクリスマス一色です。今年はオレゴン州とワシントン州からのツリーの入荷が少なくて品薄との事です。今年で32回目を迎えるホノルル市庁舎で行われるクリスマスツリー点灯は12月3日に始まります。市職員のそれぞれの部署同士でツリーの飾りつけコンテストがありますのでハワイご滞在中お時間のある人はぜひ夜のお散歩として、市庁舎の飾りをお楽しみください。日本からは本格的な冬の寒さ到来とのニュースですが、ハワイは相変わらず温暖です。一年中咲いているプルメリアの香りを皆様にお届けしたいなと思いながら毎朝お散歩しています。

深山 ツヤ子