ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2015年09月

お客様各位

 21年続いている恒例のメイド・イン・ハワイ・フェスティバルが今年もブレイズデルセンターで開催されました。フェスティバルの初日がハワイ州の休日だったこともあり3日間で延べ約45,000人と過去最高の人が訪れました。娘はディズニーの人気キャラクター、ツムツムのお人形を目当てに開催と同時に会場に入りましたが、お店に辿り着いた時にはすでにツムツムは無く、オープンして8分間で売りきれたそうです。事前のネットの情報は凄いですね。私は沢山の人混みの中を歩きまわり、以前からお客様に頼まれていたはハワイらしい景色の写真パネルを数枚買いました。観光客の為と思いきや、メイド・イン・ハワイの品物をこんなに沢山の地元の人達が購入しているという事が驚きです。

 さて、アラモアナセンター近くのYMCAの敷地に出来るコンドミニアムの概要が発表されました。名称はアロハ・カイ、37階建で117の居住ユニットと約2,790㎡のYMCAの施設が出来る予定です。価格の目安は仮に55㎡の1ベッドルームなら約$840,000で2016年の春には工事がスタートします。
その他もう一つの新築物件はワイキキのキングスビレッジの敷地に32階建、246ユニットのホテルコンドが開発されるとの事です。スタジオ、ワンルームタイプ が168ユニット、1ベッドルームタイプが73ユ二ット後は2ベッドルームが1ユニット、3ベッドルームが2ユニットで、85%はホテルとして運営することを前提にしています。1階には商業スペースもあり、完成は2018年の予定です。
なお、開発が進んでいる話題のカカアコ地区ですが、現在は居住地区なので、ホテル開発は認められていませんが、将来はホテル建築の許可が下りるかも知れないとの事です。ワイキキとダウンタウンの中間に位置し、海に面しているカカアコはこれからは観光客も滞在できるリゾート地にもなるようです。

 前回アラモアナセンターのフードランドの出店について書きましたが、引き続き拡張工事が進んでいる白木屋についての詳細が発表されました。現在メーシーズデパートの隣にあるお店は、センターの西側の一階に移転する予定です。今までの約3倍の広さ約5137㎡で、約60店舗が入り、中にはフードコート以外にイベントスペース、京都の町のような日本小町、ラーメンやビアーステーションなどあり、約800席の飲食できるスペースが作られる予定です。来年6月のオープンに向けて、今各店舗のリース契約が順調に進んでいるとの事です。日本のお店や催しなどは日本の観光客には興味が無いように思えますが、ハワイと日本が融合したお店は日本からの観光客にも充分楽しんでいただけると思います。

 一年中温暖な楽園のハワイは憧れのリゾート地です。特にアメリカ本土から引退後にハワイに移住する人が多数いらっしゃいます。その為に不動産の需要が多く、ハワイの不動産価格と家賃はとても高額です。先日発表されたデータによると一戸建て(3ベットルーム)の家賃が一番高額なのはサンフランシスコで家賃が月額$2,916、そして続き2位はハワイで月額$2,675との事です。アメリカの平均が$1,320との事でハワイの家賃は約2倍です。またアメリカ全体の一戸建ての中間価格は$234,000ですがハワイの一戸建ての中間価格は$710,000です。アメリカ全体の中間価格の3倍支払ってもこの楽園に住む価値はあるということになります。8月、9月は台風のシーズンでお天気が変わりやすいハワイですが、今日も相変わらず青い空と海、眩しい太陽が燦々と輝いています。ハワイでは「lucky you live Hawaii」という言葉を良く耳にします。高額と言われても、みんなが予算の範囲内でハワイ生活を十分楽しむことが出来るのがハワイの長所だと思います。夏休みが終わりワイキキの賑わいも一段落しました。大人の休暇をエンジョイし、ローカルのように「Lucky you live Hawaii」を実感して頂きたいです。皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

深山 ツヤ子