ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2015年04月

お客様各位

 3月末にHome New Product Show がニール・ブレイズデル展示会場で開催されました。とくに目立った新しいものが無かったので結局買ったのはティーリーフやミントなど植物プラント数点でした。ハワイではティーリーフは厄払いにも使える神聖な物です。英語で良く貴方はGreen Thumb (私にはグリーンタンと聞こえるので、そう呼ばせていただきます)が有るとか無いとか言います。要するに植物栽培の才能がある人とか無いとかに使います。娘がプラントセールスの人に、我が家は皆グリーンタンが無いので、と言ったらセールスの人はグリーンタンの無い人は大歓迎とい言われてしまいました。グリーンタンが無い人がプラントを枯らしてまた何度もプラントを買ってくれるからだそうです。このセールスの人、買ったプランを長持ちさせる方法を教えてくれるのかしら? ブラウンタンという言葉があり、こちらは余り聞きませんがプラントを枯らしてしまう人を言うようです。さて買ったティーリーフなどのプラント達、我が家で何時まで枯れないでいてくれるのでしょうか?

 昔数々の有名人が宿泊した伝統のあるロイヤルハワイアンホテル。このホテルのダイヤモンドヘッド側のウイングをMailaniと改名し、新しくハイエンドの宿泊客をターゲットにしたラグジュアリーの施設とサービスを提供するように改装工事を始めます。179室有り、ルームレートは1泊$585からでワイキキのラグジュアリーホテルのルームレートの平均額$510より少し高めです。そして、その前にあるロイヤルハワイアンセンター、借地権のショッピングセンターをJP MORGAN Asset Managementの提携会社が$696.5ミリオンで購入しました。土地の所有権が付いていないセンターがこのような高額で売却されたのは驚きです。その他、カハラホテルも昨年、借地権のホテルとして日本のリゾートトラストに$282ミリオンで売却されました。ハワイのリゾートにふさわしいオーシャンフロントとその環境が大好きで良くランチやディナーに利用させて頂いていますが将来会員制になり一般客が利用できなくなるかも知れないと思うと少し寂しいです。借地権の商業物件が高値で売却された背景にはハワイの商業物件のリース料の値上がりも一つの要因のようです。オアフ島は13.9%の値上がり、そしてワイキキは38.5%も値上がりしました。ワイキキのカラカウアアベニューの平均のリース料は1スクエアフィート月額$40、アラモアナセンターは$16です。アラモアナセンターで$572ミリオン、ワイキキインターナショナルで$350ミリオン、ホノルルの西のカポレイで$500ミリオンの商業スペースの追加工事が行われていますが、商業物件の空家率は4%と低く(通常は6~8%)商業スペースが市場に追加されてもこの状態はしばらく続くようです。

 さて相変わらず新聞に登場するカカアコのプロジェクトですが、ワイエアとアナハの販売が堅調です。買主の半分以上がハワイの地元の人、その次が約25%が日本人、そして約10%がアメリカ本土からの投資だそうです。 次のプロジェクトであるワードビレッジに新しく3棟が建つということで、建築許可が下りたワードゲートウエイと言うコンドミニアムがこれから夏にかけて販売開始されるようです。

 不動産以外で最近目に付くのはオーガニックのお野菜や果物です。2014年にはケールが新しい人気野菜のトップだったそうです。ケールサラダはもちろんのこと、ケールチップ、ケールスムージー、ケールチョコレートチップクッキーやアイスクリームまであります。今年2015年はカリフラワーだそうです。カリフラワーピザ、カリフラワーマックンチーズ、カリフラワーフリッター、カリフラワーバッファローチキンサンドイッチ等、最近は白以外に、紫やオレンジやグリーンのカラーまであるそうです。食に関して神経を使う娘がここ数年買っているのはキヌア(Quinua)です。炊飯器で炊いてお米の代用として食べているようです。人気が出始めの頃は安かったキヌアは今では価格が3倍にも値上がりしたようです。ダイエットや栄養を考えて食べているようですが、やはり日本人は白いご飯が一番美味しいと思います。適度にオーガニックやダイエット食品を食べ、そして運動をして皆様がお元気でハワイを訪れてくださるのをお待ちしております。

深山 ツヤ子