ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2013年09月

お客様各位

 日本の夏は猛暑と豪雨。ハワイの良さは日本の蒸し暑さと異なり、汗をかかずにゴルフが楽しめます。そして街、公園、ゴルフ場は沢山の花が咲いています。ハワイの良さは気候、特に貿易風と虹ですが夏の花、シャワーツリーなどを鑑賞しますと身体、心を癒してくれます。

 世界一周の旅でタイ、カンボジアも訪れました。ローカル産の果物を試食しましたがハワイ産のパパイヤ、マンゴーは東南アジア産と違い、甘さがあり美味しいです。旅行中は要注意しながら果物を試食しました。絶対に水道水と生野菜には手を付けませんでした。インド、タイ、カンボジア、韓国と中国では水と生野菜は避け、飲むのはボトルウォーターと食べるのは火を通した食べ物のみです。お陰で病気にならずに済みました。今回の2ヶ月間の旅で南米のペルーから中国まで18ヶ国を訪れましたが歯磨きもボトルウォーターを使用しました。

 インドニューデリー空港の移民局には驚きました。ファーストクラス、ビジネスクラス乗客の窓口と一般の外国人とエコノミークラスは区別されています。インドの金持ちは一般人と列を並びたくないのだと強く感じました。私共はビジネスクラス乗客ですからレッドカーペットの扱いでした。空港は深夜でも沢山の飛行機が着陸しますから昼間のように混雑しています。インド滞在中にタージ・マハル始め数ヶ所の世界遺産を訪れました。

 インドからバンコクに入り、元世界一のマンダリンオリエンタルホテルにチェックインしました。マンダリンの朝食バイキングは欧州の5つ星ホテルより食べ物も豊富で新鮮で美味しかったです。カンボジアのシェムルアップに飛びアンコールワット、アンコールトムの世界遺産を訪れました。驚きは入場料はカンボジア政府でなく、個人所有者のベトナム人、カンボジア人の共同経営者の収入になる事です。

 北京の移民局官は私のパスポートにスタンプを押した後、パスポートを投げつけました。女房も同じように投げ捨てられました。頭にきましたが移民局員と喧嘩は出来ません。故宮、万里の長城などの世界遺産を訪れました。驚きは故宮の中は数万人以上が地方からの中国人訪問者とトイレが綺麗な事に驚きました。

 世界各地の世界遺産、名所で中国人、台湾人の観光客グループに出くわしました。ロンドンのグリニッジ天文台で英国人達が日本人はマナーがないと会話をしていましたのですぐさまに英国人達に彼等は中国人で日本人でないと説明しました。昔と違い今の日本人観光客はマナーを心得ています。

 帝国ホテルは2ヶ月間で29番目のホテルになりました。娘が温泉に行きたいと言うので伊豆の稲取温泉の「いなとり壮」に宿泊し30番目の宿泊になりました。今回の旅行中、ロンドンのランドマークホテル、カンボジアのラッフルホテル、バンコックのマンダリンオリエンタルホテル、北京のフォ-シーズンホテルなどのアフタヌーンティを楽しみました。その中でもランドマークホテル最高でした。2番手は帝国ホテルとフォーシーズンホテルです。今回の旅は病気なし、怪我なし、事故なし、紛失なし、すべてのフライトと列車はOn TIMEでした。神様に感謝してます。

 出発前にハワイ大神宮とヘイアウの神様に安全をお願いしました。無事に戻りましたので帰国の翌日、ハワイ大神宮とヘイアウに御礼と感謝に出かけました。お参り済ませて世界一周を終了しました。旅の話を始めますと止まりません。ブログで裏話を書いています。興味ある人はseiji@hawaiianjoy.com 迄にご連絡下さい。9月は私一人の日本放浪の旅が始まります。9月12日から10月8日まで各街、文化遺産、ロータリークラブを訪れます。

 10月29日 (火曜日) 午後6時30分~午後8時30分、帝国ホテルにて第27回ハワイ不動産セミナーを行います。ホノルルは70~80年代に起きたような建設ラッシュに向かっています。ワイキキのリッツ・カールトン・レジデンスを始めとする沢山のコンドミニアムが開発される予定です。その中でもカカアコ地区(アラモアナの隣)には約30棟を建設する開発案が発表されています。今回ご紹介するコンドミニアムはこの大規模な開発の第一段階で建設される優良物件と、ワイキキの再開発分譲プロジェクト(予定)です。その他に、新規開発物件に共通する契約内容及び手順と、リッツ・カールトン・ワイキキの販売状況と最新の物件概要などをセミナーでお話いたします。講師は深山ツヤ子(ハワイ不動産歴37年)と、松本諭美(弊社副社長)です。セミナーのお申し込みに関しましてはhttp://www.hawaiianjoy.com/seminar/にお願いします。皆様のご参加をお待ちしております。

深山 誠二