ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2012年10月

お客様各位

 真夏が過ぎ、朝方には雨が降り、太陽が昇る頃には雨は止む。美しい虹が頻繁に見られる季節になりました。毎朝、水中ウォーキングをしながら美しい虹が見られます。9月の後半になりますとワイキキの沖合いに豪華客船が浮かぶ姿も増え素晴らしいです。ホノルル港に入港しますがトランプタワーからはヒルトンハワイアンビレッジホテルに到着するような錯覚をおこします。虹、豪華客船の光景は癒しを与えます。

 ワイキキ改善協会は10月16日(火)にワイキキ20/20会議を開きます。過去20年のワイキキを振り返り、将来20年後の行き先を話し合います。第1回の20年前はワイキキ住民とビジネスが主題でした。この20年間でワイキキの主なホテル、ショッピングセンターは改装され、ルワーズ通りも綺麗になりました。ワイキキが世界の観光地を保つには改善は大切ですが、これからは口先だけのアロハでなく心からのアロハが必要です。

 観光業に従事している人達に本当のアロハを教える教育が必要です。ワイキキ20/20の会議にはアロハ教育を主題にして欲しいです。一般人も会議に参加出来ますが参加は$150と高いです。私には一般人を無視していると感じます。

 観光がハワイの第一産業になった貢献者はアメリカ本土、日本、カナダからの観光客です。特にホテル、免税店が大きく発展した功績は日本人観光客です。しかし、最近の地元新聞の記事は中国人観光客ばかりです。日本人観光客を忘れていませんか? 中国人観光客数が2012年度には約10万人以上に増えることは間違いありません。ビザなしで入国できるビザ問題が片付けば急激に伸びます。ハワイ政府、観光協会は連邦政府に中国人観光客にビザなしプログラムを強く勧めています。連邦政府は中国人の消費は大歓迎ですが密入国者が増えることを心配しています。現在の中国人観光客は富裕層ですがビザなしにすればアメリカに入国したい一般中国人が増えます。共産党を嫌う中国人系アメリカ人も沢山います。

 不動産業界は毎回のことですがローカル、海外からの買い手が増えています。ローカルは4%前後の低金利、海外からはドル安を活用しての購入です。優良物件が市場に出ますと複数の売買契約書が入り、短期間内で登記、決済になります。今の現象はバブル時期の1987年~1990年と不動産ブームの2004年~2007年に似ています。銀行、ハワイの経済学者達は2015年前後を次ぎのブームと予測していますが早めに来ると確信しています。円高を利用して資産分散と優良物件取得をお勧めします。

 ローカル、海外からの富裕層は一戸建て住宅より安全で景色を楽しめる高層コンドミニアムの生活を始めています。コンドミニアム生活は住宅と違い収納スペースが少なく、物を処分しないと楽しく暮らせません。私もトランプタワーに住み始めて沢山の品物をガレージセールや寄付などで処分しましたが、まだまだ整理整頓が必要です。私は運動と食事で健康を保ち、勉学と向上心の目的で世界遺産と世界リゾートを見て廻る予定です。先ずは10月と11月はグアム島を訪れます。

 カカアコ地区からダウンタウン地区のアラモアナ近郊とワイキキに、新築物件が建設されます。ワイキキ、カカアコ地区は容積率が緩和され今までの450フィートの高さから一気に650フィートの建設をハワイ州は認可しました。

 11月20日に第25回ハワイ不動産セミナーを帝国ホテルで行います。テーマは資産分散、新築物件の購入手続きと、EB5プログラ(永住権取得)です。皆様のセミナー参加をお待ちしております。

深山 誠二