ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2012年03月

お客様各位

 今年の2月は例年より雨が少なく,晴れ、曇り、にわか雨の天気予報が続いています。この時期はハワイにも四季があり春を迎える春一番の強風の日が続きます。ゴルフは風に影響されやすいので難しくなります。ワイキキビーチのココナッツも大きく左右に揺れています。ハワイの良さのひとつはココナッツの木陰で昼寝(nap)する事、気分は最高です。

 昨年、3月11日の東北大地震が起きた時は新横浜に到着する直前の新幹線の中でした。列車は数時間、新横浜駅手前で停止し夜になりやっと東京駅に辿り着きました。構内は帰宅困難者で溢れていました。

 翌朝、新幹線で名古屋に戻った時は日本の新幹線の素晴らしさに感動しました。東北の被災者の方には申し訳ありませんがその日は、第二のお父さん、お母さんと呼ばさせていただき親しんできた弊社のお客様から千葉寿司で日本一美味しいお寿司をご馳走になった事を覚えています。先月、そのお父さんは天昇され、私は日本へ飛びお通夜と立派な告別式に出席しました。2月9日にホノルルカントリーにてゴルフ仲間達が集まり、お父さんの追悼ゴルフを行いました。お父さんは喜んでくれたと思います。

 ハワイ大学は波のうねりを利用して発電する研究を進めています。電力研究所のレポートはハワイの周りでは年間80キロワットを量産する報告をしています。 昨年、ハワイ州全体で消費したとされる10キロワットの10倍になります。波力発電が実現すれば火力、原子力(ハワイにはありません)は不要になります。

 光業界はエアーオーストラリアが突然破産申告し飛ばなくなり、ホノルルからオーストラリアに帰る500人以上の観光客が立ち往生しました。オーストラリア政府が援助するというニュースはまだ入りません。JAL破産の時は日本政府が援助しました。エアーオーストラリアは2012年度7万人以上の観光客を運ぶ予定でした。

 不動産業界はワイキキ地区の建築規制緩和で容積率が増える事になり、新しく建物が建設される予定です。ワイキキのフォーパドル前の敷地(高級ブティック店が並ぶ裏側)にカリフォルニア企業とトランプタワー開発業者が共同で高級コンド建設計画を発表しました。カカアコとカピオラニ地区は高さ438フィート(約133.5m)から650フィート(約198m)の建設を許可しワードアベニューとカピオラニブルバード角(ベンツ販売社の傍)にサンディエゴに本社を置く企業が400ユニットの高級コンドを建設します。

 円安で海外からの投資家増加、建設ブーム、高架鉄道建設などでホノルルの景気は回復し、インフレ4%です。住宅も動きます。円高を利用して、是非ハワイの不動産を取得されませんか。2015年前後に次の不動産「波」がハワイに押し寄せてきます。皆様の投資をお待ちしております。

深山 誠二