ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2011年09月

お客様各位

 ハワイでは今年の8月も清清しい日々が続きました。日本では猛暑が続きましたので、沢山の方がハワイに避暑に来られました。円高の影響で8月のワイキキは日本人観光客で溢れていました。中国人観光客の数は日本人と比べますと数は少ないですが団体行動のため目立ちます。又、彼らの高額商品の買い方には眼を見張るものがあります。1970年前後は、日本人観光客も団体行動中心で、特に農協の方々がワイキキで目立ちました。

 最新ニュースは、米本土からのアラスカ航空の増便、及び日本・上海からのハワイアン航空の就航です。8月29日には、コオリナリゾートにディズニーホテル(Aulani Hotel)とタイムシェアーがオープンしました。部屋数:840室、部屋料金:$399~$1,340、ローカル割引:25%、駐車代金: $35、従業員数:1,200名。個人的には建物と色はリゾート地に合わないと思いますが、コオリナはハワイアンの神聖地という事もありハワイアンを敬う建築様式・色彩が考慮されています。

 不動産業界ではドル安と住宅ローン低金利のため買い手が多く、優良物件はすぐに買い手がつきます。日本の住宅金利は低いですがハワイでも条件付きで1.5%の金利です。33年間不動産業を営んできましたが条件付きでも今迄に無い初めての低い数字です。

 今後は無許可の短期賃貸(30日未満)とB&B (朝食付き宿泊所) に対して厳しく取り締まりが行われます。ホノルルで短期賃貸免許を得ている物件は約875戸です。主にワイキキが中心でワイキキ以外では200戸余りです。無許可で営業しているオーナーもいますが、今後は難しくなります。住宅地のビジネス(例えばB&B、邸宅ウェディングなど)は違法です。

 ヒルトンハワイアンビレッジの敷地内に新しくタイムシェアーの37階建・300ユニットを2015年に、25階建・250ユニットを2020年にオープンする計画を発表しました。また、アラモアナセンター(白木屋の向かい側)に高級コンドミニアムの建設計画もあります。

 ハワイも税収が落ちましたので、税務調査官がダウンタウン(中華街)の現金取引の119店舗の消費税チェックを開始し、その結果24店舗が捕まりました。今までは税務署が店舗・レストランなどに検査に入ることはありませんでしたが、今後は検査が厳しくなると予想されます。

 ワイキキ及びワイキキ周辺では11月のAPEC国際会議(21ヶ国の首脳会議)の為に歩道、道路などを改修工事中です。この期間には20,000名以上の関係者がワイキキに集まります。ハワイ州知事は売春婦とホームレスの規制を厳しくし、すでにワイキキからホームレスを締め出しました。最近のホームレスの中には退役軍人もいます。

 新聞の漫画で電卓を叩く音が“ticka,ticka”であることを初めて知りました。最近、英字新聞を読むと新しい言葉の発見があります。現役中は真面目に読む時間が無く、退職してからブログを書くために少し真面目に目を通すようになりました。64歳からの手習いです。皆さんもハワイで新しいことを始めませんか。人生が明るく・楽しくなります。

 11月10日、帝国ホテル東京でハワイ不動産セミナーを行います。円高で不動産購入には最高のタイミングです。お申し込みはhttps://www.hawaiianjoy.com/seminar/ent_515.phpにて承っております。皆様にお目にかかれるのを楽しみにお待ちしております。

深山 誠二