ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2010年12月

お客様各位


 North Shore(北海岸線)に高波警報の時期がきました。世界のプロサーファーがハワイに集まり、醍醐味な波乗り大会の始まりです。私も波乗りは好きですがプロサーファーのサーフィンは凄いの一言です。波の高さは25~35フィートです。同時に鯨のシーズンです。

 11月のハワイ本選挙の結果は米本土と違い、民主党の勝利(Democrats dominate)です。ハワイ州の知事民主党58.2%、共和党41.1%、上院議員(日系井上氏)民主党74.7%、共和党21.6%、第一区下院議員(日系ハナブサ女史)53.2%、共和党46.8%、第二区上院議員(日系ヒロノ女史)72.9%、共和党25.2%、マウイ島郡長民主党(日系荒川氏)民主党58.8%、共和党41.25%の結果です。以上のようにハワイ州は民主党です。

 ハワイビジネス指導者は新知事Abercrombie氏をある程度評価しています。新知事は選挙演説で消費税の税率(4%)を維持する、インフレ、エネルギーの社会基盤、貧困と家庭内暴力の防止を約束しました。新知事は元連邦下院議員でしたので連邦議会のパイプを活かして予算を期待しています。しかし、ハワイビジネス指導者達は新知事の良い点を監視して消費税を値上げしない公約を約束させます。

 ファーストハワイアン銀行の経済予測は観光業の予想を上回る上昇に助けられハワイ経済は緩やかな回復です。雇用は2010年推定が-0.5%、2011年予測が+1.0%、失業率は2010年推定が6.2%、2011年予測が5.0%、インフレ率は2010年推定が+2.0%、2011年予測が+2.0%、ハワイ来訪者数が2010年推定が+5.5%、2011年予測が+4.5%です。
 
 ホテル占有率を見てもハワイ州の観光客は増えています。世界のリゾート地と比較してもハワイはトップです。1位オアフ島78.3%、2位グアム島76.6%、3位バリ島74.9%、4位プエルトリコ70.0%、5位マウイ島68.9%、6位ジャマイカ66.3%です。ハワイアン航空はホノルルー羽田線の運航を始めました。東京周辺の人達には大変便利になります。

 住宅融資金利が低いです。自宅所有者のローンの組み換えで銀行の融資部門は忙しいです。33%以上の自宅所有者が組み換えの手続きです。西海岸の景気回復と団塊世代のリタイヤーが始まりますとハワイの不動産の動きも活発になります。円高です。最高のタイミングです。ハワイ不動産投資を強くお勧め致します。波乗りと鯨のシーズンです。皆様のお越しをお待ちしております。

 今年最後のニュースレターになりますが、年末のホリデーシーズンを満喫され、良い新年をお迎え下さい。

深山 誠二